セールスアウトソーシングの強み

セールスアウトソーシングの3本の柱

キャンペーンや販売業務の委託を受けて、人材確保から運営までを一貫して実施しております。
運営の質を担保するために、人材の研修や、OJT等のスキルアップのノウハウが当社にはあります。人材のスキルだけに頼るだけでなく、活動方法の構築から、効果的な人材の配置、販売向上に向けた仕組み作りからスタートできるのでクライアント様に合わせたご提案が可能となっております。

3本の柱

ムラのないスタッフの育成方法

ムラのないスタッフ育成方法現在この業界は各社非常に人材難と言えます。
クライアント様が求めるスペシャリストと言われるスキルを持った人材は少なくなってきている現状です。エンドユーザーとダイレクトにコンタクトをとる売り場はクライアント様の商品をどれだけ理解して頂き、「良い商品」と思ってもらうかが結果を左右致します。人材難のこの時代でも当社独自のスタッフ育成方法では座学による知識付与に始まりロープレ、現場でのOJT、ヒアリングによる属性把握方法、コミュニケーション力向上のスキルアップを行い、チーム全体のスキルにムラを作らずスタッフ全員の能力を底上げし、現場へ送り込む事が可能となっております。

適材適所の人材配置

適材適所の人材配置右記に記載したように全てを完璧にこなせるスペシャリストは長期間の実戦経験から生まれます。では、経験の浅いスタッフをどう使うか?
当社では経験が浅いスタッフでも活躍できるように構築を行っております。まずは1つの業務に専念させる事で、スキルが乏しいくても活動を単純化する事で成果に繋げる事が出来ます。営業力が強いスタッフ、コミュニケーション力が高いスタッフ、サービスの知識が豊富なスタッフ、事務処理をスムーズに行えるスタッフなどを各セクションに配置いたします。こういった適材適所の配置を行う事で、各セクションのスペシャリストが生まれ、実戦で活躍する事ができるのです。
この人材配置は業務の効率化を図ることができ、次に紹介する分析にも通じてきます。

個々のスキルを上げる分析力

個々のスキルを上げる分析力店頭での販売活動を自社の管理ウェブシステムに入力することで、業務内容を全て数値化し、その内容をスタッフへ共有しております。各セクションで分けられたスタッフは個人の活動プロセス毎に数値を算出されアプローチからの誘引率、誘引からクロージング率など細かな数字データを元に、そこから各個人のアベレージを算出し、分析行っております。算出されたデータをアベレージ化することで結果が行き着かない場合は原因を究明し活動の適正化を図ります。
自分の弱点はどこにあるのか?を見極め、弱点の克服を行うことで効率よく修正を行い、スキルを高めることが可能となります。